Biography

 1999年初夏、共通の知り合いを介して知り合った進藤と阿久澤が意気投合、7月にバンドを結成する。
 結成当初のメンバーは、進藤克己(Pf)、大和田治臣(Bs)、佐竹尚史(Dr)、四ツ谷清栄(Per)、阿久澤一哉(Tp)、恒川直輝(Sax)の6名だった。その直後に米田靖彦(Tb)が加入。
 リハ−サルをするためにスケジュールを調整しようとするもなかなか合わず、毎回深夜12時 or 1時からリハーサルを始めていた(これは今でも)。
 それがきっかけで、スペイン語で「夜のバンド」という意味の“BANDA DE LA NOCHE(バンダ・デ・ラ・ノーチェ)”という名前がつけられた。
 コンテンポラリーなラテン・ジャズを追求する一方で、どうしたらラテンをよく知らない人にも楽しんでもらえるかを考えた進藤は、自身が大好きで、恐らく多くの人に親しまれているであろう「刑事コロンボ」のテーマをラテンにアレンジすることを思い立つ。
 これがきっかけとなり、その後も次々と刑事ドラマや刑事映画の主題歌をラテンにアレンジして、ライブでお馴染みの『刑事コーナー』が確立し、多くの支持を得ている。
 2000年6月、原宿クロコダイルでのファースト・ライブより本格的に活動を開始する。
 2000年10月、「小金井なかよし市民まつり」文化部門特別企画として『親子で楽しめるラテンコンサート』に前田弘美(Vo)をゲストに迎えて出演。
 2001年3月、浜口邦夫(Gt)が加入。ライブでより一層の盛り上がりを見せる。
 2001年6月、FMさがみ「ホット・エンターテイメント」に出演。
 2001年10月、「小金井なかよし市民まつり」文化部門特別企画として『親子で楽しめるラテンコンサート』に2年連続で出演。ステ−ジ上に30人ものチビッ子が登り、大盛り上がりを見せる。
 2001年10月、自主制作によるファースト・ミニ・アルバム『BANDA DE LA NOCHE』をリリース。
 2002年7月、田邊晋一(Per)が加入。同年8月、恒川直輝(Sax)が脱退。同年9月、大郷良知(Sax)が加入。
 2003年1月、四ツ谷清栄、田邊晋一(Per)が脱退。同年2月、奥田真広(Per)が加入。
 2003年9月、さいたまスーパーアリーナ主催「ジャズサプリメント」に出演。


HOME

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー